グルーチョマルクス公園 SHAKALABBITS 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

グルーチョマルクス公園  ♪  SHAKALABBITS
作詞 : UKI
作曲 : MAH

レストルームで水を流し 鏡に映ったクラウンが笑う
僕は夢を持ちつづけて 途方に暮れながらも演じてる
おどけた仕草で満ちてく笑顔
閉園を悲しむ子供に手を振り踊った

凄然としてるこの場所に いつもひとりブランコの彼女
僕は風船を揺らしつづけて 何らかの合図 密かに待っていた
空燃える幻想の日 君はおもむろに心通わす 偽りの涙へと

.....羽焦がされたの 道すがら振り分けられてたの
綺麗な風は千切れてる 真実の涙に気づいて

流れ落ちた色が渦巻く 素顔は滲んで すべて映すから
飛び交う夢見鳥溢れ出した 虚ろなまなざしへと

.....知らずに僕らは 飾りのない姿に怯えてた
澱んだ世界でひしめく 真実の涙に気づいて
.....受け止めた愛を 道すがら振りまき踊れたら
綺麗な風と泳いでる 小さい羽に出会えるかな


ミニ情報
アルバム「SHAKALABBITS」収録曲
SHAKALABBITSの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SHAKALABBITS「グルーチョマルクス公園」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ