幻 - 木山裕策の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

木山裕策
公式サイト
 ♪  木山裕策
作詞 : 多胡邦夫
作曲 : 多胡邦夫

窓辺に舞う風のように柔らかいその眼差しは
時に優しく ときに強く全てを包んでいた

答えが何であろうとそんな事は関係がないんだ
君が隣にいる それだけでいい

何処か別の世界に僕らはいるみたいだね
何度も巡る季節を君の愛に重ね眺めていたい
君の手に触れながら感じたい

「何もわかってないんだね」
涙浮かべ 笑ってた
こんなに近くで想ってるのに
いったい何を見てたんだろう

同じ道を歩いて来た 同じ夢に同じ色を付けてた
君のその歩幅を無視したまま

何処で君の背中を僕は見失ったの?
何度も君の名前を呼んだけれど温もりは戻らない
君の手の温もりは戻らない

何処にいても君の姿を僕は探してしまう
だから何度も何度でも君の名を呼ぶよ
だけど温もりは戻らない
君の手の温もりはもう戻らない


ミニ情報
アルバム「WAIT FOR YOU 今の僕に出来る事」収録曲
木山裕策の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
幻/木山裕策の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ