五線紙 - 竹内まりやの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

竹内まりや
公式サイト
五線紙  ♪  竹内まりや
作詞 : 松本隆
作曲 : 安部恭弘

人気のないホールの
折りたたみ椅子たち
リハーサル前の暗い空気
靴音さえも途切れた休止符

あの頃のぼくらは
美しく愚かに
愛とか平和を詞(うた)にすれば
それで世界が変わると信じてた

耳元を時の汽車が
音もなく過ぎる
ぼくの想い出の時計は
あの日を差して止まってる

12弦ギターの
銀の糸張りかえ
旧い仲間もやって来るさ
後ろの方でひっそり見てくれよ

耳元を時の汽車が
音もなく過ぎる
ぼくの想い出の時計は
あの日を差して止まってる

10年はひと色
街影も夢色
変わらないものがあるとしたら
人を愛する魂(こころ)の 人を愛する魂の
人を愛する魂の五線紙さ


ミニ情報
アルバム「Expressions DISC1」収録曲
竹内まりやの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
五線紙/竹内まりやの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ