あの日の2人のように 遊吟 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

遊吟
公式サイト
あの日の2人のように  ♪  遊吟
作詞 : すぐる
作曲 : すぐる

騒ぐ風の音振り返る君の顔 移る季節君は何を待っているの
しまいこんだ手は少しだけ震えてる 知りすぎた事が怖くなって目を閉じた

大切に想うほど臆病で君を抱きしめたけど 僕の気持ち全て伝えられない

ありふれてる言葉ならべて言うよりも 今の気持ち素直に伝えたい
時が過ぎて二人の形変わっても変わらないものがある あの日の2人のように

開けない僕の左手を君は見る 与えられた時間が僕を締め付ける

赤い傘で隠した涙色 僕に見せることなく帰る道雨は降り止まない

振り向いた君の笑顔が寂しくて 今の僕で君を守れるの?
君の涙も何もかも全てを強く抱き締めさせて

ありふれてる言葉並べて言うよりも 今の君を素直に支えたい

時が過ぎて二人の形変わっても変わらないものがある あの日の2人のように


ミニ情報
「スキバラ」9月度エンディングテーマ
フジテレビ系「2008北海道マラソン」エンディングテーマ
アルバム「ライン」収録曲
遊吟の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
遊吟「あの日の2人のように」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ