浪花酔虎伝 冠二郎 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

冠二郎
公式サイト
浪花酔虎伝  ♪  冠二郎
作詞 : 三浦康照
作曲 : 水森英夫

のれんくぐれば 道頓堀の
呑んべェ横丁に 灯(ひ)がともる
今夜も一杯 また一杯と
はしご酒だよ 飲むだけ飲んで
明日(あす)もやるぞと 通天閣を
仰ぐ男の 浪花酔虎伝

夜の大阪 心斎橋の
風を往(い)なして ちどり足
三吉小春の 気分じゃないが
惚れたお前の 肩抱きよせて
歩く姿は 王将気取り
夫婦(めおと)酒だよ 浪花酔虎伝

どうせこの世は 成るよにゃ成らぬ
酔ってぶらりと 御堂筋
ミナミへ行こうか それとも新地
足が向くのは なじみの酒場
意気が溶け合う 仲間と飲んで
男一代 浪花酔虎伝


冠二郎「浪花酔虎伝」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
冠二郎の人気曲 この歌手の人気曲一覧

花も実もある人生航路♪お前とならば たとえ針の山
浪花酔虎伝♪のれんくぐれば 道頓堀の
望郷の駅はまだ遠い♪渡り鳥さえ ねぐらへ帰る
面影の女♪白いうなじに 細い肩 着物が似合う
燎原の狼〜若き日のジンギスカン〜♪空を切り裂く 稲妻の 光のように
流氷岬♪風が唸(うな)るよ 飛び散る波しぶき
居酒屋 かもめ 流れ酒♪理由(わけ)も云わずに
小雪の酒場♪夕べ小雪の 夢見たよ なんの変りも
ブラボー酔虎伝♪好きなお酒なら 飲まずにゃいられない
人生夢太鼓♪櫓(やぐら)太鼓に 諸(もろ)肌ぬいで

冠二郎の新曲 この歌手の新曲一覧

万里の嵐♪雷鳴とどろき 嵐を呼んで
霧ふる町♪くもるガラスに 指先で
孤独の川♪友と語らん 春の宵 時代(とき)を忘れて
さすらいの旅♪ながれる雲よ 伝えておくれ
小雪の酒場♪夕べ小雪の 夢見たよ なんの変りも
人生夢太鼓♪櫓(やぐら)太鼓に 諸(もろ)肌ぬいで
望郷の駅はまだ遠い♪渡り鳥さえ ねぐらへ帰る
居酒屋 かもめ 流れ酒♪理由(わけ)も云わずに
流氷岬♪風が唸(うな)るよ 飛び散る波しぶき
浪花酔虎伝♪のれんくぐれば 道頓堀の

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ