至上のゆりかご - 清春の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

清春
公式サイト
至上のゆりかご  ♪  清春
作詞 : 清春
作曲 : 清春・佐久間正英

ゆりかごで遊ぶ 見守られながら 貴方の愛情に
静かに気付いた 僕は目隠しで 貴方を満たせると

積み上げた 立ち位置から飛び降りる僕がいる
全身が抜け殻で落ちるのは感じてた

Ah 理由は「優しい香りに溺れた」
Ah 名前も人の目も もういらない

涙声隠したね 解ってた 黙ったから
何気ない 明るさに何度となく 救われる

Ah 場所は「妖艶なSANCTUARY」
Ah 日付は「生涯 忘れられぬ」

瞳と瞳が合うなら 笑顔を渡そう 出来るだけ楽しく
Kissした後だけ か弱く か細い 貴方が愛しい

不幸癒せるなら 僕ごとき 粉々に…

Ah 落下点はそう 貴方の寂しさ
Ah 捨て身で砕ける 僕は弱い?

ゆりかごで遊ぶ 見守られながら 貴方の愛情に
静かに気付いた 僕は目隠しで 貴方を満たせると

心から想う 血の通わぬ僕 あなたが変えた事
「僕は誰だろう?」…「僕は僕だけ」と 理解させてくれた

ゆりかごで 呟く 未来はきっと 「貴方よ僕になれ」


ミニ情報
アルバム「light 〜saw the light and shade〜」収録曲
清春の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
至上のゆりかご/清春の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ