鬼灯 Kagrra, 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

鬼灯  ♪  Kagrra,
作詞 : 一志
作曲 : Kagrra,

月が照らす 昊を包む 噎せ返るほど 光に染色た 淡い声 聲
その音に惹かれ 導かれるまま僕は 君を捜す

暗闇の中今 僕は風に解けた そう犯した罪から逃れたくて
この掌に残された君の証 嗚呼 もう二度と 離れぬように 朱い糸を 君と僕に

窓に煙る 雫一つ 指に絡めて 君の名前を認める そっと
土塊深く 永久に眠る君の名を 吐息込めて

暗闇の中今 僕は風に解けた そう犯した罪から逃れたくて
この掌に残された君の証 嗚呼 もう二度と 離れぬように 離れぬように

愛すればこそ 壊してしまう 心に咲いた華

暗闇の中今 僕は風に解けた そう犯した罪から逃れたくて
この掌に残された君の証 嗚呼 もう二度と 離れぬように 朱い糸を 君と僕に

佗しい夜は 微笑む君に 接吻たなら 儚くて
言葉にすれば 朽ち果てそうな その躯を抱いて 眠りたい


Kagrra,の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Kagrra,「鬼灯」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ