四月一日 Kagrra, 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

四月一日  ♪  Kagrra,
作詞 : 一志
作曲 : Kagrra,

凛と咲いた桜その真下で もう一度あなたに出逢いたくて

数字の配列のような人混み 何かを踏みしめて先を急いでる

雑踏の中に忘れてた夢や希望 いつも側に居た誰かの笑顔

光浴びた風をはためかせて 暖かな息吹に頬を染めて 凛と咲いた桜その真下で
もう一度あなたに出逢いたくて

あれから季節は数多も過ぎて あなたはどれくらい大人になれたの?

あれほど望んだ自由を手に入れたはずの 鏡の自分が目を逸らしてる

光浴びた風をはためかせて 暖かな息吹に頬を染めて 凛と咲いた桜その真下で
もう一度あなたに出逢いたくて

人は悲しい生き物 幸せを呼ぶくせに 本当に大事な想い出さえも 棄てて涙する

春が来て夏は過ぎ陽が沈む 秋が往き冬を告げ陽が昇る これからもこれまでも
変わらない 何時でも幾度も笑えるから

光浴びた風をはためかせて 暖かな息吹に頬を染めて 凛と咲いた桜その真下で
もう一度あなたに出逢いたくて


Kagrra,の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Kagrra,「四月一日」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ