秋の気配 - みつきの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

みつき
公式サイト
秋の気配  ♪  みつき
作詞 : 河口京吾
作曲 : 河口京吾

通り雨があと少し続いたら
君への想い伝えられたのに

小さな傘に肩をぬらして
君と歩いた夏を見つめてる 海の向こう

どうして どうして切なくなるんだろう
伸びた髪揺らす風はいつの間にか秋の気配

まぶしかった泥だらけの背番号
声嗄らして信じたあの夢

大きな背中ふるわせ泣いた
君にかける言葉を今もまだ探してる

どうして どうして寂しくなるんだろう
帰り道 夕日に染まるこの心

どうして どうして切なくなるんだろう
伸びた髪揺らす風はいつの間にか秋の気配


ミニ情報
アルバム「COLOR」収録曲
みつきの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
秋の気配/みつきの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ