追伸 荒木とよひさ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

追伸  ♪  荒木とよひさ
作詞 : 荒木とよひさ
作曲 : 荒木とよひさ

小犬に生れた君が 倖せだったらいいけれど
残り少ない 僕の人生の 隣りを歩くそれだけで
もうすぐ君も五歳の 誕生日がやって来るね
その日は内緒で ショートケーキを 丸ごと食べようね
もしも僕に 何かがあっても 後を追いかけ探すなよ
ひとりで妻が泣いていたら 離れずそばに居てくれ
桜の花を あと何回 君と一緒に見れるだろうか
君は僕の 君は僕の 最後の親友だから

本当の母さん知らず 生れてすぐにもらわれて
妻が抱きしめ ボクの家(うち)に来た あの日を今もおぼえてる
子供がいない妻は 私が生んだのと笑って
恥ずかしそうな その一言が 僕にはつらかった
もしも僕に 何かがあったら ふたりぼっちにさせるから
約束するよ みんなの為に がんばるつもりでいるけど
悲しい訃報 また友だちが いい奴なのに逝ってしまった
君は僕の 君は僕の 最後の親友だから

桜の花を あと何回 君と一緒に見れるだろうか
君は僕の 君は僕の 最後の親友だから


荒木とよひさの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
荒木とよひさ「追伸」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ