夏の魔物 鶴 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
夏の魔物  ♪ 
作詞 : 秋野温
作曲 : 秋野温

夏の悪戯な魔物 見えない力で僕の背中を押す
君の悪戯な笑顔 不思議な力で僕は吸い込まれていく

日が長くなると同時に
君といる時ものびる気がするよ
照りつけた太陽はじわりと冷めていくけれど
焼けた素肌のさらに奥 切ないこの胸を焦がす

君だけをずっと見てきた
伝えずにずっと過ごした日々だけど
どうにかしなくちゃって 何故か無駄に焦ったりして
妙な自信が芽生えたら もう後戻りはできない

夏の悪戯な魔物 見えない力で僕の背中を押す
君の悪戯な笑顔 不思議な力で僕は吸い込まれていく

どうしようもなくなって 君を引き止めてしまったけど
関係無い台詞ばかり もう言葉は役に立たない

夏の悪戯な魔物 見えない力で僕の背中を押す
君の悪戯な笑顔 この腕の中へ強く抱きしめてしまおう

悪戯な魔物 見えない力が二人の背中を押す
君の悪戯な笑顔 不思議な力で今ひとつの影になる


ミニ情報
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」エンディングテーマ
アルバム「情熱CD」収録曲
鶴の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鶴「夏の魔物」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ