いのちの音 - 夏川りみの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

夏川りみ
公式サイト
いのちの音  ♪  夏川りみ
作詞 : 村野直球
作曲 : 熊谷幸子

花は咲くだけ 風に揺れて
愛されたいと 思いもせず
雨の雫はきっと 冷たかろう
傘をさしてあげようか

流れぬ星は 夜の隅で
何を願って 光ってるの
ひとりぼっちはきっと 寂しかろう
唄をうたってあげようか

誰にも言えぬことが あるけれども
それでも微笑んで 生きていきましょ

いのちはとても柔らかいから
粗末にしてはいけません
いのちはそれでもね 強いから
輝く日もおおいはず

誰にも癒えぬ傷が あるけれども
それでも夢を見て生きていきましょ

花は鮮やか 風の中で
愛されたいと 思いもせず
いつも感じていて その胸で
ほら、いのちの音がする

寂しいときは 空、見上げて
過ぎる季節(とき)より 明日へと
花は心の中 実をつける
星はいつか流れてく


ミニ情報
「田舎に泊まろう!」エンディングテーマ
アルバム「ココロノウタ」収録曲
夏川りみの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
いのちの音/夏川りみの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ