足跡のない道 - GANGA ZUMBAの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

足跡のない道  ♪  GANGA ZUMBA
作詞 : 宮沢和史
作曲 : 宮沢和史・高野寛

君とふたりで歩く 足跡のない道
誰かが引いた道だから いつかはたどり着けるだろう

君を背負って歩く 夕暮れの坂道
僕らがつけた足跡は きっと誰かが踏みしめる

サクラの花が咲く頃に 遠き故郷の夢を見る
歩みを止めて見上げれば 白き雲河に日が昇る

こぼれ落ちる汗は 大地を潤し
名前のないこの野道に 花を咲かせるだろう
あふれだす涙は 大河を流れて
いつの日にかこの大空に 雨を降らせるだろう

君とふたりで渡る 紺碧の海原
誰かが架けた橋だから きっと向こうに着けるだろう

君の手を取り渡る 戻れない荒海
僕らが投げた花束は きっとどこかで咲いている

イペーの花が咲く頃に 遠き記憶の夢を見る
秩序と進歩を願うたび 蒼き夜空に星が舞う

こぼれ落ちる汗は 大地を潤し
名前のないこの野道に 花を咲かせるだろう
あふれだす涙は 大河を流れて
いつの日にかこの大空に 雨を降らせるだろう

こぼれ落ちる汗は 大地を潤し
名前のないこの野道に 花を咲かせるだろう
あふれだす涙は 大河を流れて
いつの日にかこの大空に 雨を降らせるだろう

いつの日にかこの大空に 雨を降らせるだろう


ミニ情報
「日本ブラジル交流年 100年記念事業」テーマ曲
GANGA ZUMBAの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
足跡のない道/GANGA ZUMBAの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ