そして、一瞬のひかり e-sound speaker 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

e-sound speaker
公式サイト
そして、一瞬のひかり  ♪  e-sound speaker
作詞 : Akihiro Osako
作曲 : Akihiro Osako

終電間近の駅のホーム
ふっと自分が虚しく思えたのは
すり減った心の分よりも
多くを失くした気がしたからか

自分に素直なつもりでいて
少しずつそれが解らなくなって
例えば1つの小さな嘘ても
塵も積もれば山となるように

都会の片隅で 人の波にさらわれて
流れにも逆らえず 忘れたふりして

小さなその両の手に触れてたのは
曖昧で不確かな消えそうなストーリー
望んだ時から遠ざかって でも近づきたくて手を伸ばして

自分らしくあればいい
でも自分らしさって何だろう
優しい言葉に助けられた時もあるけど
心から笑えないのは何で

都会の片隅で ビルの谷間からそっと
四角い空が覗く 狭くてちっぽけな

小さなその両の目に映したのは
曖昧で不確かな消えそうなストーリー
望んだ時から遠ざかって でも近づきたくて歩き続けて

小さなその両の手に触れてたのは
曖昧で不確かな消えそうなストーリー
望んだ時から遠ざかって でも近づきたくて手を伸ばして
望んだ時から遠ざかって でも近づきたくて歩き続けて


ミニ情報
「ランキンの楽園」4〜6月エンディング曲
e-sound speakerの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
e-sound speaker「そして、一瞬のひかり」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ