さよならと君、ハローと僕 安藤裕子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

安藤裕子
公式サイト
さよならと君、ハローと僕  ♪  安藤裕子
作詞 : 安藤裕子
作曲 : 安藤裕子

手放した君の髪を 細い首を二度と放さない
こんなに暖かいこと
こんなに優しいこと
気づかなかった

八月のある日君は 熱い海を僕に見せつけて
こんなに光輝く 世界もあるんだと
伝えたんだね
小さな声で

雪の降る日を 今暮れ入る夕陽を
願いが叶うのなら
大切に 大切に 歩いていく
君の待つ その部屋まで

僕たちはまるでいつも鏡の様にわかり合えたから
どんなに離れていても 変わらないはずだと
思いこんでいた
気づけなかった
幾年も生きて僕はまだ 無力に泣いたけど
それでもいつも君はそこで微笑む

花びら散る夜でも 空燃ゆ朝陽さえも
願いよ届くのなら 大切に 放さない
雪の降る日を 今暮れ入る夕陽を
想いが届くのなら

大切に 大切に 歩いていく
君の待つ その部屋まで


ミニ情報
アルバム「chronicle.」収録曲
アルバム「THE BEST '03〜'09」収録曲
安藤裕子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
安藤裕子「さよならと君、ハローと僕」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ