五月雨 - 清春の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

五月雨-清春
Jword 清春
公式サイト
五月雨  ♪  清春
作詞 : 清春
作曲 : 清春

円を描いて吸い込まれてく
冒涜を振り落とした空の空

手は貴女が引いてくれてる
そう思うと愛しさは満たしてたね

黙って歌えたのはRAINING まだ 記憶の中
すがる様に 願う様に 影を嫌って終われる二月

指を這わせたよ、磨りガラスに
残ってた君が夜に思った事

解ってるフリをしていたい、だけど何故出来なかった?
僕が僕を 恥じる様に 雨音が背負ってた十字架

窓にかかるこの景色は 五月雨と憂鬱でした
横顔が急に曇り始めたらさよならを
後に変わるその景色は 五月雨と憂鬱でした
君が書いたのは『曇りのち雨』と『さよなら』と

拭ってしまえたのはRAINY でも乾かなかった
どんな事を 思い出して こらえているの、君の十字架

窓にかかるこの景色は 五月雨と憂鬱でした
横顔が不意に曇り始めたらさよならを
空は青く、ただ景色は 五月雨と憂鬱でした
声が震えてる 曇り始めたよ あふれたよ


ミニ情報
アルバム「madrigal of decadence」収録曲
清春の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ナザリー
夢心地メロディー
EDEN
DIARY
ロラ
瑠璃色
FUGITIVE
MELLOW
MOMENT
QUIET LIFE
五月雨/清春の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ