道しるべ - 遊吟の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

遊吟
公式サイト
道しるべ  ♪  遊吟
作詞 : 卓
作曲 : 卓

夢を追いかけて街を出て行く 空は青く雲一つもない
いつもの父親の怒鳴り声も 今となっちゃとても懐かしい

向かい風に時に阻まれて 涙した時も投げ出したくなる時もあるだろう

そんな時は歌ってやる 君の気が済むまでいてやる
どんな涙も今の君に辿り着くために 流した『道しるべ』

何もかもが初めての事で 不安だらけ手探りの世界
何をやっても空回り そんな自分好きになれなくて

もがきながら噛み締めながら 大きくなっていくのだろう 少しずつ

何時だって僕が歌ってやる のどが壊れても歌ってやる
だからどんな高い壁もぶち破ってやれよ 輝く未来へと

輝く星にも願いはあるの? 見上げた夜空に想いよ届け

誰に何を言われたって「なにくそ」って踏ん張って笑ってやれよ
そして僕のところにおいで 君の気が済むまで泣いていいんだよ
流した『道しるべ』君の糧になる


遊吟の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
道しるべ/遊吟の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ