声 嵐 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
 ♪ 
作詞 : 小川貴史
作曲 : 多田慎也

風の街に佇んだまま 振り向けばもう陽は落ちて消えてた
始まる静かな夜を一人で見ていた
君といつも待ち合わせた場所を避けてまだ遠回り
街の灯りが輝くたびに また僕は立ち止まる

小さな嘘もわがままも いつも君のせいにしようとした
空を見上げて何度も 思い出せば心が張り裂けそう

サヨナラずっと君だけを 守りたかったいつまでも
無理に笑って忘れたふりしても 君をずっと忘れない

触れた指と指で探す 君の気持ち 僕の想い
どんな言葉もいらないくらい 心に手が届いた

君には君の空があり 僕に見えたのは僕の空
ふたり重ねたカタチが すこしずつ変わっていた あの頃は…

声を枯らして叫んでた 届かないんだ この想い
君と誓った未来は途切れた あの日はきっと返らない

サヨナラずっと君だけを 守りたかったいつまでも
無理に笑って忘れたふりしても 君をずっと忘れない


ミニ情報
アルバム「Dream"A"live」収録曲
嵐の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
嵐「声」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ