かえりみち - 茶太の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

かえりみち  ♪  茶太
作詞 : 茶太
作曲 : たくまる

外灯の明かり灯る頃
少し手前のバス停で降りた
人の気配がつらくなって
どこでもいいから歩きたくなった

耳元揺れる好きな歌も
悲しい事ばかり耳に残った
見慣れたはずの細い道は
知らない場所に紛れ込むようで

さっきまで傍にいたのに
今はもう影ひとつ切ないよね
幸せをもらうほど独りに戻る時が
怖くなる

またねと笑って手を振って
あと何度こうして過ごせるのかな
小さな不安が消えなくて
少しずつ欲張りになっていく
永遠なんて探せないのに

見上げる空に一番星
遠く瞬く踏切の赤
いつもと同じ景色なのに
なせか全てが寂しく映って

ここにある確かなものは
目に映ることのない絆だけで
弛まずに途切れずに繋ぎ続ける術を
知りたくて

信じる理由を探しては
他愛も無いことと笑ったけど
挫けそうな日はいつだって
君の笑顔が優しかったから
君の言葉に救われてたんだ

心の一番奥のほう
柔らかに満ちていく光がある
君がこの気持ち教えてくれた

信じる理由を探しては
他愛も無いことと笑ったけど
挫けそうな日はいつだって
君の言葉に救われてたから

また明日と笑って手を振って
そんな毎日が大切なんだ
繰り返すばかりの日々でも
それだけで幸せと知ったから
永遠なんてどこにも無くて
君が笑顔でいてくれるなら


ミニ情報
アルバム「空の記憶」収録曲
茶太の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
かえりみち/茶太の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ