愛情サイクリング アンティック-珈琲店- 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

アンティック-珈琲店-
公式サイト
愛情サイクリング  ♪  アンティック-珈琲店-
作詞 : みく
作曲 : 輝喜

いつも一人ぼっち 抱え込んでいたモノゴト
人に言えない辛さ 背負っている

目を閉じ何か浮かぶ?誇れる仲間が浮かぶ
そんな立派な人間になりたい

自由を邪魔する 高いヒール
付いたサンダル 脱ぎ棄てて走りだそう

軽く力を指に入れて捻ってごらん 重い扉も開くだろう
そこにキミにしかいない仲間が待っているよ
未来のスタート始まる

一人で生きてく強さ そんなの強さと言わない
人に弱さ見せるの怖いだけ

たまに力を抜いて 自分ばっかだけ見ないで
人に関心持って 甘えてみて

自分に向かう 憎悪の矢を
仲間に向かう 愛情の矢にすり替えよう

よろけ過ぎる前輪 籠に愛情を詰め込み
過ぎて走ってる自転車を
笑う仲間がいれば何もかも吹き飛ばす
焦らずゆっくり走ってこう

(shake up)

自分に向かう 憎悪の矢を
仲間に向かう 愛情の矢にすり替えよう

よろけ過ぎる前輪 籠に愛情を詰め込み
過ぎて走ってる自転車を
笑う仲間がいれば何もかも吹き飛ばす
焦らずゆっくり走ってこう

軽く力を指に入れて捻ってごらん 重い扉も開くだろう
そこにキミにしかいない仲間が待っているよ
未来のスタート始まる


ミニ情報
アルバム「極魂ROCK CAFE」収録曲
アンティック-珈琲店-の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
アンティック-珈琲店-「愛情サイクリング」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ