Esto - 藍坊主の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Esto-藍坊主
Jword 藍坊主
公式サイト
Esto  ♪  藍坊主
作詞 : 佐々木健太
作曲 : 藤森真一

遠い、遠い心の奥の向こう側
狂おしいほどの光がまた狂っていく、
「俺をここからだせ、だせ」と
ひしゃげてる、闇を裂いて。

泣きたい気持ちの本当の理由が、
悲しみだったらどんなに楽になれるだろう。
言葉では置き換えられないうねりは、どうやっても、聴き取れない。

『そんなもんさ、人間だもの』それじゃ済まねーんだよ、光が暴れてる。

焦燥、混乱、不安定、破壊、放心、絶望、喪失、嫌悪、再生、安定を繰り返し続けてる、
なぜ僕を僕にした、光よ聞かせてほしい、
どうして、聞こえない、君の声が。

鳥が飛び、青が空を突き抜け、くすんだジョウロの向こうで、
スズランが揺れる。

全てが当たり前のようにそこに在る、きらきらして。
在るの反対を、無いと呼ぶのなら、
全てが無くても、よかったはずなのに。

空間、音程、重力、時間、抵抗、色彩、物質、温度、豊かな現実を、僕に与え続ける、
なぜ世界を世界にした、神様聞かせてほしい
どうして、聞こえない、風が優しいだけ。

「無い」ということ、それさえ無い世界、何も無ければ、失う事も無い、
究極なバランス、完全な均衡、壊して、壊され、そんなこともない
あるとき何かを間違えたのだろう、はじまりは自分を始めてしまった。
バランスは崩れ、不完全になる、僕らの宇宙、愛すべき世界、

焦燥、混乱、不安定、破壊、放心、絶望、喪失、嫌悪、再生、安定を死ぬまで繰り返して、
ずっとずっと、探っていくよ、光よ待っててくれ、
いつかお前を救えるように。


ミニ情報
アルバム「フォレストーン」収録曲
藍坊主の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
降車ボタンを押さなかったら
マタウ
バタフライ
ネガティブフィードバック
春の覚書
賢者の忘れ物
ラブミーテンダー
あなたと空と星と夜明け
向日葵
エチカ
Esto/藍坊主の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ