I'm Vogue - 彩冷えるの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

I'm Vogue  ♪  彩冷える
作詞 : 彩冷える
作曲 : 彩冷える

きこえるかな 僕の鼓動 君だけに届けたい うた
繰り返される 応えのない問い掛けに 凍りつく
傷ついた数だけ 強くなれるのならば
いつでも君の笑顔になろう

いつからだろう僕のことを
忘れてしまったのは
嫌われちゃったのかな
こんな僕だから
恋焦がれた朝も 涙の夜も
いつでも傍で眺めてたよ

変わらないものはないよね
季節と同じで心さえもそう
春夏秋冬と衣替えする
僕を捨てた君の顔 唇かむしぐさ
変わらないあの頃のまま

ガラクタは ほら 深い 深い 深い 深い 記憶の森で
ひとつ ふたつ 指が足りなくなると風化していく

この世界に生きて知ることから目を背けた罪は
明日の海の底で もがく滑稽な僕らへ
遠い空の下でパパが歌ってくれた
世界の終わりのうたを口ずさむ
言葉は泡となり


彩冷えるの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
I'm Vogue/彩冷えるの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ