空忘れ - ムックの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ムック
公式サイト
空忘れ  ♪  ムック
作詞 : 逹瑯
作曲 : SATOち・ミヤ

突然の終りは 走馬灯なった
絡まった赤い糸を残して
散らかった思い出が誘蛾灯のようで
傷跡手招くからもう戻れないと知った

幸せ不幸せ天秤にかけた
外した指輪の重さだけ傾く答え

「もう泣いていいですか?」
最後は修辞疑問文です。
砂の様に指をすり抜けた恋でした

二月の日曜日 今も痛む胸の火傷
春はまだ浅いと空見上げて目を閉じた
見慣れた景色 通い慣れた道に一人
頬を伝う風が 何故か優しくて泣いた

気持ちはずっと見えなくて言葉はもっと悲しくて
涙が渇れるなんて嘘だと理解った

咲き誇る季節を夢に願い耳を澄ます
春になり傷跡が思い出に変わる日まで
君がいた風景 二人並んだ影 消えて
色付く街並みが冬が終わる事告げた
二月の日曜日 さよなら君よ
透き通る青空を 見上げて少し笑った


ミニ情報
アルバム「志恩」収録曲
ムックの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
空忘れ/ムックの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ