迷路 - 奥華子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

奥華子
公式サイト
迷路  ♪  奥華子
作詞 : 奥華子
作曲 : 奥華子

私にとっては ただのゴミにしか見えない紙切れも
誰かにとっては 大切なお守りかもしれない

尖った言葉のナイフで平気で人を傷つけて
見て見ぬふりをしている 「友達」という名前の人

迷路の出口を見つけても またそこは迷路の入口で
自分だけ置き去りにされそうで 暗闇の中もがいていた

たった一人でいいから 私の味方が欲しかった
ずっと心に抱えた 私の声を聞いて欲しい

色眼鏡で人を見て本当の事を見失って
それぞれの悲しみなど 同じものでは計れない

単純な物語のように 上手に生きてゆけたなら
だから今 この胸を空っぽにして 人を信じて愛してみたい

世界中を敵にしても 誰も私を知らなくても
たった一人だけでいい 私を抱きしめてくれたら

僕達は同じ場所に立ってるけど 本当は違う景色を見てるのかな?
誰にも分からない 迷いなど消えない ゲームの世界ではない

たった一人でいいから 私の味方が欲しかった
ずっと心に抱えた 私の声を聞いて欲しい
無くしても 嘘でもいい ずっと誰かを愛せたなら
抱きしめた心の中 いつか私に届くのかな


ミニ情報
アルバム「恋手紙」収録曲
アルバム「奥華子BEST -My Letters-」収録曲
奥華子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
迷路/奥華子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ