天国への鍵 - 中山美穂の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

中山美穂
公式サイト
天国への鍵  ♪  中山美穂
作詞 : 中山美穂
作曲 : 中山美穂

幻のように 映る目の前は
眠りの声をくれた あの横顔
横たわっただけなのに
瞳が閉じてく
こわくて やさしい世界が揺れている

ふいにゆらり 流されていく夏服から
水の星座になって たどりつく場所へと
知らずに握りしめていた“天国への鍵”

時にはこんな朝の霧のように
肌にかくした雫はそのままに
髪を束ねた指から こぼれたため息も
木もれ陽のように 綺麗に広がるわ

ふいにゆらり 流されていく熱い河を
あなたの呼吸に そっとあわせて泳ぎたい
知らずに求めていたのは よく似てる生き方

ふいにゆらり 胸の中にいた妖精が
生まれた朝の記憶を甦らせてくれる
あなたにたどりつけたのは“天国への鍵”


ミニ情報
アルバム「Jeweluna」収録曲
中山美穂の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
天国への鍵/中山美穂の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ