白い砂のラ・メール - 中山美穂の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

中山美穂
公式サイト
白い砂のラ・メール  ♪  中山美穂
作詞 : 松井五郎
作曲 : 崎谷健次郎

窓辺の海に 掛けたシャツから
フランスの 貨物船が浮かぶ
あなたに宛てた まだ白い手紙
ぼんやりと 潮風に揺れてる

いまTOKYOがどんな 星空か
気にかけている さみしがりや
ただ好きというだけの関係を
心はそっと 問いかけてる

いつだって忘れていなかった
そう つたえたいのに
てのひらを こぼれる砂になる
このあなたへの想い

朝の市場で 買ったフルーツ
太陽の香りに瞳(め)を閉じる
帰りの便も まだ決められずに
ためらいの レモンだけかじった

もうひとりで過ごす想い出など
ほんとはきっといらないのね

いつまでもふたりでいられると
そう 信じたいから
もう少し つよくなれるまで
このわがままをきいて

名前いりのHOTELの封筒
白い砂を送った
こんな気持ち
わかってほしい

いつだって忘れていなかった
そう つたえたいのに
てのひらを こぼれる砂になる
このあなたへの想い

どこまでも青い海でいたい
そう あなたの腕で
ときめきを たった一度だけ
この夏にあずけたい


ミニ情報
アルバム「Jeweluna」収録曲
中山美穂の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
白い砂のラ・メール/中山美穂の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ