ONE WAY LOVE アンティック-珈琲店- 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

アンティック-珈琲店-
公式サイト
ONE WAY LOVE  ♪  アンティック-珈琲店-
作詞 : みく
作曲 : 輝喜

白い吐息 交じる夜風 人気のない交差点で
鳴り響いて 止まぬ電話 嫌な予感が走る

ガラスを指で なぞっていくような

告げられてる 痛い事実 胸の奥を掻き回して
オレを守る 浮かぶ盾は もろい打算な言葉

消えてく灯火 絶やしたくはない

急ぎ走り 胸で揺れるネックレスが知らせる
甘い果実だけの頃の幸せな関係
かかと出し 半端に履く靴も気にしないで
我を忘れあの子だけ思って

お揃いだと 買ったはずの ネックレスはボクだけ付けて
減ったメールの 数の分だけ 他の誰かにしてる?

キミと見た景色 嘘にしたくはない

辿りついて待ってたのはあの頃と違うキミ
冷めた顔を見ると夢じゃないんだと分かった
キズつくのも 構わない心に言い聞かせた
沢山キミに笑って欲しいから

消えてく灯火 絶やしたくはない
キミと見た景色 嘘にしたくはない

辿りついて待ってたのはあの頃と違うキミ
冷めた顔を見ると夢じゃないんだと分かった
キズつくのも 構わない心に言い聞かせた
沢山キミに笑って欲しいから


アンティック-珈琲店-の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
アンティック-珈琲店-「ONE WAY LOVE」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ