エアポケット - TRIPLANEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

TRIPLANE
公式サイト
エアポケット  ♪  TRIPLANE
作詞 : 江畑兵衛
作曲 : 江畑兵衛

まるで絵に描いたような青空に
架かった虹に手を伸ばす度に
何かを無くしてゆく
届きもしない虹へ手を伸ばす寂しさと
果てのないこのフライトが何気なく交差した

この時間(とき)を戻せるならば
アニメさながらのロケットを
淡々と過ぎた毎日に照準を合わせて…

宛てもなく僕らが行くなら
あの場所を選んで
忘れてない気持ちのままで手を繋げるかな?
そんな場面でも涙は似合わないよきっと
声が聞こえる間は
手を放さずに僕を見ていてよ

風のように僕らは大人になりながらも
古ぼけたアルバムの中の自分を笑えない
壊れたプロペラも動かないエンジンも
今の僕にとって無くてはならぬものだろう

追われるように今日もまた陽が暮れて
無音のパケットで繋ぐ僕らの毎日に
嫌気もさすけれど

陽の当たる場所を見つけて寝転んだら
もっと忘れかけていた大事なものに目を向けられるかな
飛び立つ前にもう一度その手を取り
そっと確かめ合えたら
僕は君を道連れに 地平線の彼方へ

僕らは理想家の類を
鼻で笑って蹴散らしていた
それが今じゃ僕らの手を羽根になぞられながら
空をずっと眺めている

宛てもなく飛び立つなら
あの場所を選んで
忘れてない気持ちのままで手を繋げるかな?
そんな場面でも涙は似合わないよきっと
今日からは手の赤い糸をもう離さずに
風が強いから飛ばされないように


ミニ情報
アルバム「ココロ晴れたら」収録曲
TRIPLANEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
エアポケット/TRIPLANEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ