銀河の夢 - サガユウキの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

銀河の夢

 ♪ 

サガユウキ

作詞 : 井手コウジ
作曲 : 井手コウジ

僕が見たあの夢は 星くづのように散らばって
遠ざかる靴の音に掻き消されてく

君だけを守るとか 言うだけはいつも容易くて
零れてるその泪さえも拭えない

戸惑いが 胸をちくりと 刺し続ける

ああ あの夏の夜空に 流れてた
星は哀しみを連れて行った
ああ そして僕らだけが 大人へと
時に急かされて歩いていた
宛ても無く

色褪せた景色達 どうと吹く風に飛ばされた
忘れたいことばかり 残ってしまう

静けさが 耳に響いて ふいて泣いた

ああ 君と僕の今が 幻で
嘘で汚れても此処にいよう
ああ 何もできないこの歯痒さの
もやが透けるまで 夢を見よう
寄り添って

ああ あの夏の夜空に 流れてた
星をもう一度 追いかけよう
ああ 銀河を越えてゆく 鉄道が
見えた気がしたら 泪、拭いて

ああ そして瞳にただ この夜を
無くさないように焼きつけよう
いつまでも


ミニ情報
アルバム「青い森」収録曲
サガユウキの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
桜咲く頃には
アマオト
青い森
へばな
そういえば
アイラヴユー
Iha
小さな恋の物語
初雪
飛ばない鳥 -Seagull doesn't fly-
銀河の夢/サガユウキの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ