飛騨の恋文 - 多岐川舞子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

多岐川舞子
公式サイト
飛騨の恋文  ♪  多岐川舞子
作詞 : 荒木とよひさ
作曲 : 徳久広司

駅舎(えき)に降りれば そこまで冬が
あなた忘れる 旅ひとり
飛騨の白河 夕暮れ橋で
書いた恋文(てがみ)を 千切ったら
あなたの心に 積るでしょうか…
涙まじりの あゝ紙の雪

風にひと声 汽笛が絡む
肩に小指に この胸に
飛騨の細道 昨日を捨てに
いくつ足跡 残したら
あなたの想い出 消せるでしょうか…
未練ひきずる あゝ恋の糸

紅葉(もみじ)灯りの 手摺(てすり)にもたれ
深いため息 またひとつ
飛騨の三日月 この手に取って
乳房(むね)の奥まで 刺したなら
あなたに抱かれて 死ねるでしょうか…
明日(あす)はいらない あゝ月の宿


多岐川舞子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
飛騨の恋文/多岐川舞子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ