望郷ひとり泣き - 長山洋子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 長山洋子
公式サイト

望郷ひとり泣き

 ♪ 

長山洋子

作詞 : 鈴木紀代
作曲 : 西つよし

男の運が 悪いのか
男を見る目が ないからか
昨夜(ゆうべ)も泣いて 今夜も泣いて
泣いてわかった よりどころ

金木(かなぎ) 中里(なかさと)
五所川原(ごしょがわら)
何で今さら ふるさとが
涸(か)れた心に しみて来る
責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き

ちぎれた愛は 戻らない
ちぎれた絆(きずな)は ほころびる
酔ってもひとり 醒(さ)めてもひとり
ひとり見るのは 古い夢

十三(とさ)の湊(みなと)の 汽笛さえ
聞けばみじめに なるばかり
捨てたつもりの はぐれ女(どり)
よされよされと 望郷ひとり泣き

金木(かなぎ) 中里(なかさと)
五所川原(ごしょがわら)
何で今さら ふるさとが
涸(か)れた心に しみて来る
責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き


長山洋子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ふれ逢い橋
夕月の宿
ふたりのアイランド
木曽の翌檜
雨おんな
博多山笠女節
旅鳥
おけさ恋唄
夢追い笠
瀬戸の晩夏
望郷ひとり泣き/長山洋子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ