夢幻期限 - misonoの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

夢幻期限  ♪  misono
作詞 : misono
作曲 : 藤井敬之

もしこ地球(ホシ)に‘ウソ’などつけなくなる魔法がかけらとして
真実だけがとり残されたならシアワセは今よりどんくらい増える?

永遠だけが真実というなら
現実と夢の狭間 今(ココ)にも アッチにもないし
二人で過ごした23年間を「永遠」と呼ばせて
君も読んで

ユメのよう もう触れられない
あの優しさも 笑顔・体温・涙
幻の制限時間なくたって いつも焦ってるよね
最後のユメを観よう
コレッキリにしよう

だからこのままずっと冷めないでほしい
理想(寝言)はユメん中で云う そんなのは夢(こ)の中だけでいい

ユメのよう 見えては消えて
だって形になるモノは いつかポイ捨てされるから...しないだけさ
“ユメにまで出てこないで”

確かに聞こえた「誰かが泣く音」
「君の寝(吐)息」「私の恋の音(ね)」
おかげで目が覚めたよ いつだって終わりがあるんだし
ちょうどいい あのヌクモりももうすぐ消えちゃうし

「これはユメだったんだ」って...


ミニ情報
アルバム「生 -say-」収録曲
misonoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夢幻期限/misonoの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ