なんて哀しいSILENCE - 新島弥生の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

なんて哀しいSILENCE  ♪  新島弥生
作詞 : 松井五郎
作曲 : 山口美央子

もう帰らなくちゃ 叱られるわ
ためいきひとつ 胸にあげる
妹みたいに名前を呼ぶ
あなたの瞳 ちょっと嫌い
訊きたかった わたしのこと
どんな気持ちで誘ってくれた
なぜこんなに哀しいの
こんなに好きでいても
唇は嘘をついて SILENCE
ねぇ もっとそばにいたら
もっとみつめていたら
泣きだしてしまいそうでコ・ワ・イ

波に濡れた靴 乾くまでは
ふたつの影は潮風(かぜ)のものね
ふざけながら ふれたゆびか
眠る頃まで忘れられない
なぜこんなに哀しいの
こんなに好きでいても
ひとりでは壊れそうな SILENCE
ねぇ もっとそばにいたい
もっとみつめてほしい
別々の夢を見たらツ・ラ・イ

なぜ夏は過ぎてゆくの
遠く消えてしまうの
痛いほどだきしめてる SILENCE
ねぇ もっとそばにいたら
もっとみつめていたら
泣きだしてしまいそうでコ・ワ・イ


ミニ情報
アルバム「un jour」収録曲
新島弥生の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
この恋を終わらせないで
ひとりじゃ帰れない
オーロラは誰のもの
いつかこんな日がくることを
春にようこそ
キャッチボールがしたかった
ちょっとしたリグレット
彼女
ときめきの序章
なんて哀しいSILENCE/新島弥生の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ