路地裏のからすたち F-BLOOD 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

F-BLOOD
公式サイト
路地裏のからすたち  ♪  F-BLOOD
作詞 : 藤井フミヤ
作曲 : 藤井尚之

アンタのしゃがれたその声に なぜか癒されて真夜中になる
ガラでもないのに牧師のように 告白 永遠 聞いてる

そんな噂なんて気にすんなよ
帳消しにできる強さをアンタは持ってる
むかしの噂を知ってるなんて
どこか繋がる 過去があるのさ

そんなに哀しい目で俺を見るな 抱きたくなるだろう
こんな安物の上着でいいなら その肩にかけてやろう
変わりに優しい言葉をダブルで注ぎたしてくれりゃいい
こんな路地裏の 止まり木に止まる淋しい雄がらす

時々敬語を使いながら 時々体をすり寄せてくる
クモの巣のようにはびこる煙 俺を好きになれるかい

半分睡魔に襲われて
官能小説 心で書いてる

唾液が火薬に感じるくらいに 不意打ちなくちづけ
椅子から転げ落ち マリオネットのように手足がばらばらになる
信じる? 信じない? 自分できめてと煙草に火をつける
こんな路地裏の 止まり木に止まる怪しい雌がらす

むかしの噂を知ってるなんて
どこか繋がる 過去があるのさ

そんなに哀しい目で俺を見るな 抱きたくなるだろう
こんな安物の上着でいいなら その肩にかけてやろう
変わりに優しい言葉をダブルで注ぎたしてくれりゃいい
こんな路地裏の 止まり木に止まる淋しい雄がらす


ミニ情報
アルバム「Ants」収録曲
F-BLOODの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
F-BLOOD「路地裏のからすたち」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ