一等星 - 熊木杏里の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 熊木杏里
公式サイト

一等星

 ♪ 

熊木杏里

作詞 : 熊木杏里
作曲 : 熊木杏里

いつも背中合わせにあって 自分では見えないから
誰かの目に映った姿には もう一人の私がいて

もっと話したい人がいる 聞きたかったことがある
出会えたことから始まってゆく それが人と人の縁

わけのない悲しみはなくて 拾いきれない幸せがあるというだけ

物語がいつも私の 望むようには進まないけれど
その度に心溶かしてくれる 人たちがいることに気がついてゆく

日ごと強くなるつながりを 忘れないでいたいから
影のようにいつでもすぐそばで どうか私を見ていて

たずさえた言葉を伝えて ひとりひそかに離れてゆこうとしないで

物語はきっと誰かの 想いをのせて進んでゆくもの
さかさにしていた夢時計 もとにもどして時が刻まれてゆく

星では埋まらない 星空を眺めていても
傷が風にさらされても 人は人で救われてる

物語はいつも私を ひとつ変えてつくられてゆくから
もどり道にさよならをして まだ何もない明日をつくってゆく


ミニ情報
ロッテチョコレート紗々CMソング
熊木杏里の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ハルイロ
くちびるの魔法
ライナーノーツ
飾りのない明日
白き者へ
夏の日

灯び
今日を壊せ
忘れ路の旅人
一等星/熊木杏里の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ