星に願いを - より子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

星に願いを-より子
Jword より子
公式サイト
星に願いを  ♪  より子
作詞 : より子
作曲 : より子

息が白くなった 窓に水滴が浮かんでいた
子供の頃冬になると 窓に桧を描いて遊んだ
指がかじかむ日に 空を見上げながら
きみを いつまでも 待っていた

ずっと

きみに会いたい
窓に描いたきみの名前が
溶けて流れてゆく前に

星に願いを

そっと触れるように きみとキスを交わした夜
何故かきみが 泣いているように思えた
ぎゅっと繋いだ手のひら 儚い温もりは まるで
淡い雪のように 指の隙間から溶けて
消えてゆく

街に魔法がかけられて
天使たちが囁き始める

“あなたの一番大切な人は誰ですか?”

きみに会いたい
窓に描いたきみの名前が
溶けて流れてゆく前に

星に願いを

今 かけよう

きみに会いたい
窓に描いたきみの名前に
舞い降りた粉雪 そっと 触れれば

そこには…

星に願いを


ミニ情報
アルバム「願う」収録曲
より子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Memory of Soul
Dear My Friend
約束の場所で
メロスのように
Home Party
Shadow
CHOCOLATE
働く!より子ブギ
ミカヅキ
あなた(記憶 Version)
星に願いを/より子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ