夏色のシャツ Harvest 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

夏色のシャツ  ♪  Harvest
作詞 : 公庄拓
作曲 : 公庄拓

くたびれた午後あくびひきずって 君と僕はぽっかり宇宙の中
塀を飛び越えて退屈を注いで 君と僕はギラギラスリルの中

どうして消したのさ どこへ隠したのさ
あんなに大好きだった にぎやかな季節なのに

急ぎすぎた夜にサイレン鳴らして 君と僕はぐらぐらフェンスの上
時間を止めて 心を捨てて 淡い景色の中から 君は戻らなかった

一人ぼっちにさせた 僕を許しておくれ
あんなに大好きだった にぎやかな季節なのに

夏色のシャツ着て僕らは夜明けがくるまで旅をした
逃れるために…逃れるために…ただひたすらさまようのさ

今 君は白いベッドで 赤い花を抱きしめている
見えてるんだろ 見えてるんだろ? 僕のこの涙の粒が…

雨の匂いがして 僕は目を覚ましただけ
嵐が来る予感がして 君の名前を呼び続けたのに…

夏色のシャツ着て僕らは夜明けがくるまで旅をした
逃れるために…逃れるために…ただひたすらさまようのさ

今 君は白いベッドで 赤い花を抱きしめている
見えてるんだろ 見えてるんだろ? 僕のこの涙の粒が…

夏がくるたび 夏がくるたび 薄っぺらい坂の上から
汚れた水をいっぱい詰めた ガラスビンを転がすのさ
いつか君が いつか君が 教えてくれた夢のように
羽を拡げて丘の上から 飛び立とうとした君のように…
好きだったよ 好きだったよ 戻ってこいよもう一度…
夏色のシャツ着てさ…


ミニ情報
アルバム「Sweets」収録曲
Harvestの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Harvest「夏色のシャツ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ