追伸 TUBE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

TUBE
公式サイト
追伸  ♪  TUBE
作詞 : 前田亘輝
作曲 : 春畑道哉

独りが嫌いなのに いつも一人ぼっちで
見えない涙流す 憧れの暮らし

今日も混み合う地下鉄 自分から選んだ日々
窓硝子に重なる 少年のまなざし

バス停の夕焼けは今でも 風の歌と一緒に
まだ笑って見送ってくれてますか?
たまに負けそうになるけど 目を閉じればふるさと
なんとか歩いてるから
だいじょうぶ

自分らしさがどれだけ 人を傷つけるのだろう
ほつれた糸は二度と 元に戻せない

いつの日にか誰かの 涙を拭えたなら
何よりこの心は 癒されるだろう

バス停の夕焼けは今でも 風の歌と一緒に
まだ笑って見送ってくれてますか?
生きてゆく事に飽きそうな この都会(まち)の片隅で
なんとか今日を歩いてる
生きている

夕暮れの大通り 街路樹はクリスマス
すべてが輝いて見える
だいじょうぶ


ミニ情報
アルバム「WINTER LETTER」収録曲
TUBEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
TUBE「追伸」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ