雨の街を 荒井由実 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

雨の街を  ♪  荒井由実
作詞 : 荒井由実
作曲 : 荒井由実

夜明けの雨はミルク色
静かな街に
ささやきながら 降りて来る
妖精たちよ

誰かやさしくわたしの
肩を抱いてくれたら
どこまでも遠いところへ
歩いてゆけそう

庭に咲いてるコスモスに
口づけをして
垣根の木戸の鍵をあけ
表に出たら

あなたの家まですぐに
おはようを言いにゆこう
どこまでも遠いところへ
歩いてゆけそうよ

夜明けの空はブドウ色
街のあかりを
ひとつひとつ消していく
魔法つかいよ

いつか眠い目をさまし
こんな朝が来てたら
どこまでも遠いところへ
歩いてゆけそうよ
誰かやさしくわたしの
肩を抱いてくれたら
どこまでも遠いところへ
歩いてゆけそう
誰かやさしくわたしの
肩を抱いてくれたら
どこまでも遠いところへ
歩いてゆけそう


ミニ情報
アルバム「SEASONS COLOURS-秋冬撰曲集-」収録曲
荒井由実「雨の街を」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
荒井由実の人気曲 この歌手の人気曲一覧

ANNIVERSARY♪なぜこんなこと 気づかないでいたの
BLIZZARD♪Blizzard, Oh! Blizzard
ひこうき雲♪白い坂道が 空まで続いていた
春よ、来い♪淡き光立つ 俄雨 いとし面影の沈丁花
宇宙図書館♪棚の隅に眠っていた 遠い日々の贈り物
まちぶせ♪夕暮れの街角 のぞいた喫茶店
真夏の夜の夢♪骨まで溶けるような テキーラみたいなキスをして
水の影♪たとえ異国の白い街でも
卒業写真♪悲しいことがあると開く皮の表紙
丘の上の光♪すみれ色のまま夕暮れを止めて

荒井由実の新曲 この歌手の新曲一覧

宇宙図書館♪棚の隅に眠っていた 遠い日々の贈り物
残火♪降り続く雨の 彼方の空遠く
Sillage〜シアージュ♪夏の 微笑み なぜ すぐにまた
AVALON♪明けやらぬ空に 息は白く
あなたに会う旅♪セーターで拭いたガラスを流れる景色
星になったふたり♪私はさみしかっただけ
月までひとっ飛び♪月までひとっ飛び あなたへひとっ飛び
Smile for me♪わらって、 わらって、
私の心の中の地図♪私の地図には いつでも
君(と僕)のBIRTHDAY♪高架線 渡る街に 夕焼けがはじまる

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ