ウソっぱち ゆず 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ウソっぱち  ♪  ゆず
作詞 : 岩沢厚治
作曲 : 岩沢厚治

もうあれからどの位 歩き続けて来ただろう
時はいつでも一瞬に 目の前を通り過ぎてゆく
いつもの様に君は唄い 確かめる様に泣いている
止めどなく回り続けて 僕等は走ってゆくだろう

その先を見に行こう 一緒に行かないか?

何もない場所を選んだ つき進んでたどり着く
いくつの夜の向こうに 必ず朝日が昇る様に
越えてゆけるさ

涙の数と反比例に ウソをつく事が増えてゆく
言葉は意味を無くしながら ウソっぱちを創り出した
つかみかけた手の平から いつの間にやら消えちまった
けれどかけがえのないものは決して手放したりはしない

届かない 戻れない 旅は続いてく

始まる時に始めの合図なんて必要ないさ
君が前に歩き出した それが全ての始まり

何もない場所を選んだ つき進んでたどり着く
いくつの夜の向こうに 必ず朝日が昇る様に
越えてゆけるさ


ミニ情報
アルバム「ゆずのね 1997-2007」収録曲
ゆずの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ゆず「ウソっぱち」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ