無力 ゆず 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

無力  ♪  ゆず
作詞 : 北川悠仁
作曲 : 北川悠仁

どんなに誰かの前で虚勢を張ってみたって
君の前じゃいつも僕は無力 無力
ちょっとばかり良い曲が出来上がったからって
急ぎ足で君の元へ走る 走る

何度も何度も自分を誤魔化しながら生きてきたのさ
気付けば僕は僕を作り上げてしまっていたんだね

抱きしめられた君の胸の中で
深く深く目を閉じていた
満たされない孤独の闇の中にそっと
小さな光を照らしてくれたのは いつも君だった

どっかで聞いたような言葉を並べてみたって
何も分かり合えやしない欲しいのはいつでも真実

本当の気持ちを言うのが恐くて背を向けたりもしたのさ
いつのまにか僕は僕を決めつけていたんだね

重なりあって君の中に溶けてゆく
繰り返し君を確かめていた
降り止まない雨の様な悲しみの中で
傘をさしてくれたのは 想えばいつも君だった

抱きしめられた君の胸の中で
深く深く目を閉じていた
満たされない孤独の闇の中にそっと
小さな光を照らしてくれたのはいつも君だった
想えばいつも君だった...


ミニ情報
アルバム「ゆずのね 1997-2007」収録曲
ゆずの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ゆず「無力」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ