僕は愚かな人類の子供だった -手塚治虫 アストロ・ボーイに捧げて 佐野元春 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

佐野元春
公式サイト
僕は愚かな人類の子供だった -手塚治虫 アストロ・ボーイに捧げて  ♪  佐野元春
作詞 : 佐野元春
作曲 : 佐野元春

幼い僕は泣いた
君が勇気を見せたとき
なぜなら僕には
勇気がなかったから

幼い僕は笑った
君が失敗したとき
なぜなら僕もよく失敗したから

幼い僕は怒った
君が闘いを挑むとき
なぜなら僕にも
理由がわかっていたから

幼い僕は空を駆けた
君が誰かを助けに行くとき
なぜなら君が
手招きをしたから

幼い僕はうれしかった
君が誰かに抱きしめられたとき
なぜなら僕も
誰かに抱きしめられたかったから

君は朝起きて
家族と食事をし
制服を着て学校に行った
君は恋をして
友達と遊び
無茶をして
大人から叱られた
まるで僕と同じように
まるで僕と同じように

一度君が歩くときの
靴が擦れる音を真似たことがある
でも僕の靴は違う音がした

やがて君は英雄になった
君は愚かな人類のために犠牲を払い続けた
君はその愚かな人類の仲間入りをしたいと願った

僕にはどうすることもできなかった
そして君は
僕の英雄になった

幼い僕は残酷だった
君がアンドロイドと知るまでは
なぜなら僕には愛も正義もなかったから

君がいなくなったとき
幼い僕は泣いた
さびしかったからではなく
なぜなら僕は
愚かな人類の子供だったから


ミニ情報
アルバム「BEATITUDE-Spoken Words」収録曲
佐野元春「僕は愚かな人類の子供だった -手塚治虫 アストロ・ボーイに捧げて」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
佐野元春の人気曲 この歌手の人気曲一覧

約束の橋♪君は行く 奪われた暗闇の中にとまどいながら
フルーツ -夏が来るまでには♪大事なものだと知っているのに
ヤングブラッズ♪静かな冬のブルースに眠る
Us♪心の不景気にくじけた日々
日曜の朝の憂鬱♪汚れたベンチ ストロベリーワイン
黄金色の天使♪また君に会えるのは いつのことになるだろう
完全な製品♪朝起きて、レコードを聴く
再び路上で♪時はハチミツ まとわりつくからスピード
ジュジュ♪ジュジュ ジュジュには何もわからない
自由は積み重ねられてゆく♪シャンゼリゼ・ブルーバードでの爆発

佐野元春の新曲 この歌手の新曲一覧

ジュジュ♪ジュジュ ジュジュには何もわからない
夏草の誘い♪Bye bye blue 緑の風に
ヤングブラッズ♪静かな冬のブルースに眠る
クエスチョンズ♪誰かここに来て救いだしてほしい
彼女が自由に踊るとき♪麻のドレスで この街のプリティーフェイス
月と専制君主♪眠りにつく あの専制君主の目を盗み
C'mon♪あぁ、この世界は何て残酷なんだろう
日曜の朝の憂鬱♪汚れたベンチ ストロベリーワイン
君がいなければ♪つかのまの陽ざしのなか
レインガール♪Do you love me? Rain

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ