フルーツ -夏が来るまでには 佐野元春 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

佐野元春
公式サイト
フルーツ -夏が来るまでには  ♪  佐野元春
作詞 : 佐野元春
作曲 : 佐野元春

大事なものだと知っているのに
君はそれを捨ててしまった
大事なことだと知っていたのに
君はそれを投げ出してしまった
気分をかえて 契約はどこかに捨ててしまえ
僕らはもっと夢を見ることができる
もし君が望み続けるなら

おはよう、僕のメリンダ
ごきげんいかがですか?
君ならばもっとうまくできたはずなのに
目の前のくすんだ夜明けに
あと少しだけ手が届かないだけさ
失うものばかり多すぎて
手にするものはほんの少し

君と同じ夢は見れないけれど
夏が来るまでには傷も癒えて
二人リンゴとシナモンのように仲良し
時々思う
何が報われて、何が報われなかったのか
君を愛したい
けれど涙が止らない
僕らは未来への遥かな想いを胸に、旅に出る
いつか僕が死ぬとき
きれいな声が聞こえたらいいな

僕らはもっと幸せになれるはず
僕らはもっと陽気になれるはず


ミニ情報
アルバム「BEATITUDE-Spoken Words」収録曲
佐野元春の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
佐野元春「フルーツ -夏が来るまでには」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ