どこまでも続く坂の途中 - Kraの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Kra
公式サイト
どこまでも続く坂の途中  ♪  Kra
作詞 : 景夕
作曲 : 舞

ゆっくりと傾いた陽射しが作ったオレンジ色の光りが、見渡す限りを包んだ

もうどれくらいすれ違っただろう…その度に僕ら間違った優しさをみせた

どこまでも続く坂の途中 夏の終わりを風が告げる
どこまでも続く坂の途中 恋は終わりをむかえていた

傾く陽射しの中できいてた 日暮らしの声だけが辺りに寂しく響いた

もうこれ以上すごす事はできず、その瞳に映った悲しみに僕は目をふせた

どこまでも続く坂の途中 夏の終わりを風が告げる
どこまでも続く坂の途中 恋は終わりをむかえていた

どれだけ長く愛したじゃなくて どれほど深く愛していたか

どこまでも続く坂の途中 夏の終わりを風が告げる
どこまでも続く坂の途中『ありがとう』と、『元気でね』と。


ミニ情報
アルバム「Creatures」収録曲
Kraの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
どこまでも続く坂の途中/Kraの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ