Snowflake 嵐 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
Snowflake  ♪ 
作詞 : 小川貴史
作曲 : HYDRANT

冷たい雨が今 雪に変わる やけに静かになる街
君は今どこでどんなふうに過ごしている?

白くなった息もわかる距離で
あの日 同じ景色を見ていた

ささやかな毎日のなかで
どれだけ君を見つけただろう
流れる季節が遠ざかる前に
もう一度会いたい

気づかないくらいの優しさとか 今日の服が似合うとか
幸せはきっとそんなふうに作られてく

つないだ手が温めていた夢
ずっと描きかけのままひとり

止めないであふれ出る涙
甘い記憶が燃えて落ちる
足跡はやがて白く消されても
君を忘れない

ささやかな毎日のなかで
どれだけ君を見つけただろう
流れる季節が遠ざかる前に
もう一度だけ

どんなに夢は儚(はかな)くても
いつかは消えゆく運命(さだめ)でも
足跡はやがて白く消されても
君を忘れない


嵐の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
嵐「Snowflake」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ