君を待つ間 GRAPEVINE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GRAPEVINE
公式サイト
君を待つ間  ♪  GRAPEVINE
作詞 : 田中和将
作曲 : 亀井亨

会いたくないまま季節は変わり
毎度の会話も軒を連ねた

寄集まってきた子供の差出した
御自慢の脚に頬染めた

やわらかな光に騙されながら行こうじゃない
泣きそうな顔もきっとバレてしまうのに君を待ってた
だから
たまに会ってさ 喋ってたいじゃない
いつまでだって待ってるから

細部の愛撫も怠らぬ様に
大事な道具を壊さない様に

経験不足だった恥ずべき僕達は
禁断の味わいに溺れた

本当はもっとこんなふうに話してみたりしたいんだよ
後悔も適当に咲乱れるなんてわがままだった かもね
“いきおい”はなしでさ 抱合いたいよ
こんなになって待ってるのに

考えてた事 待呆けた事
永遠の様に感じていたい

やわらかな光に騙されながら行こうじゃない
泣きそうな顔もきっとバレてしまうのに君を待ってた
やっぱり会ってさ キスくらいはしたいじゃない
いつまでだって待ってるから
待ってるから 待ってるから…


ミニ情報
アルバム「覚醒〜10th Anniversary Special Package〜」収録曲
GRAPEVINEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
GRAPEVINE「君を待つ間」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ