ささやき並木 - 一青窈の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

一青窈
公式サイト
ささやき並木  ♪  一青窈
作詞 : 一青窈
作曲 : 川江美奈子

誕生日祝う前の夜に
セーラーのままで呼び出された
とびきりのヴァイオリンケースに
見入るのは 16の私でした
大丈夫? 、尋ねても
投げやりに笑い飛ばされました
雪が降るふる ささやき並木
ふたりで歩く
そっと握った 久しき母の
柔らかな肩 温かかったな

左手にぶら下がる重たさ
それはそれは力いっぱいの愛
子供はね、あべこべに
心配はしなくてもいいのよ、と
並ぶ夜よる そらゆめ通り
ふたりで歩く
ずっと握った 頼もし母の
柔らかな肩 温かかったな

雪が降るふる ささやき並木
ふたりで歩く
もうすぐ私、母の年頃
追いつきそうで寂しい
けれど
並ぶ夜よる はじらいながら
ふたりで歩く
ずっと握った 愛しき人の
柔らかな肩

温かいんだな


ミニ情報
アルバム「ハナミズキ-君と好きな人が 百年続きますように-」収録曲
一青窈の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ささやき並木/一青窈の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ