輪廻 清春 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

清春
公式サイト
輪廻  ♪  清春
作詞 : 清春
作曲 : 清春

「孤独だ」って話題避けていたね
だけど今日ね、未来が不安で君を抱いて、僕になれたよ

言葉なんて組み立て方次第で
罪を待って罰を受けた、君は泣いて僕は去った

あの橋の向こうできっと笑っている
遠くで風景彩って喜び溢れるだろうか

ある日、ありふれた問い掛けに迷って離れないで
君が目の前から居なくなるって知らせないで
愛しく想うのは届いていた人について
時折想うのは届かなかった愛について
yeah 届いていた愛について

解けていたね、迷いはきっと無いね
闇を愛し光を受けた僕を抱いて、此処に居るから

甘い香りで際立った日々は僕が生きた証
例えばこれが終わったって待っててよ、後で行くよ

ある日、ありふれた問い掛けに迷って離れないで
やがてこの世界から居なくなるって急がないで
愛しく想うなら、届けていたい人に逢いたい
時折想うだろう「届かなかった、でも愛していて」
yeah 届いていた愛について
yeah 「届かなかった、でも愛していて」

ある日、飽き足りた問い掛けに迷って離れないで
君は目の前から居なくなるって知らせないで


ミニ情報
アルバム「FOREVER LOVE」収録曲
清春の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
清春「輪廻」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ