ハジマリ V6 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

V6
公式サイト
ハジマリ  ♪  V6
作詞 : 大隅知宇
作曲 : 大隅知宇

朝もやにけむった 駅のホーム
行き交う人の群れ 騒がしくて
はずむ吐息はもう 白くなって
やがて来る季節の 色に染まる

ベンチに腰掛けて 始発を待つ
僕らは少しだけ 寝ぼけながら
やがて来るその時 忘れるよう
くだらない会話を 続けていた

いつだって僕らは あてのないユメばかり追いかけて
夢中で駆け抜けた 恐れるものなんてなかったんだ

ずっと先になって 遠い昔を思い出すように
「あの頃はよかった」そんなことを語り合うのかな

電車がやってきた 5分遅れ
踏み出すその足は どこか重く
でも変わらず僕ら 笑顔のまま
「またね」とそう言って 別れ告げた

人生の門出を 祝うように
電車は走り出す 夢を乗せて
いつかまた会えると そう信じて
僕らはいつまでも 手を振ったよ
こぼれ落ちる涙 止められずに
僕らはいつまでも 手を振ったよ


ミニ情報
アルバム「Voyager」収録曲
V6の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
V6「ハジマリ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ