眩しい雨 斉藤和義 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

斉藤和義
公式サイト
眩しい雨  ♪  斉藤和義
作詞 : 斉藤和義
作曲 : 斉藤和義

最後のたばこに
一人火をつけ
薄暗い部屋の中で
壁にもたれて
君から漂った
香水の匂い
思い返すとそこに
君が現れる

不思議なまなざし
僕は吸い込まれていった
あの頃思い出すたび
眩しい雨が降る

ありふれた今日を変える鍵は
今でも胸の中の壁に
かかったまま 一人きりじゃ外せない

ありふれた今日を変える鍵は
今でも胸の中の壁に
かかったまま 外して欲しいよ

君から漂った 香水の匂い
同じ匂いの女 君はいなくて
あの頃思い出すたび
眩しい雨が降る
幻?戻らない日々
君が夜を舞う


斉藤和義の新着歌詞を見る⇒
斉藤和義の人気歌詞を見る⇒
斉藤和義「眩しい雨」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ